TIP compsite 株式会社は2018年 松本事業所 本社臨空工場でISO14001の認証を取得しました。その他自社工場についても順次取得予定です。当社の環境方針を下記の通り開示させていただきます。

環境基本理念
TIP composite松本事業所臨空工場は、地球環境保全が人類共通の重要な課題であることを認識し、事業活動のあらゆる面で経済発展と地域環境の調和を図りながら、持続可能な社会の実現に向けて積極的に貢献します。

当工場は、繊維強化プラスチック製の航空機部品や民間工業用製品等の成形・加工・検査及び梱包事業を踏まえ、以下に基づき環境パフォーマンスの向上及び環境汚染の予防を推進し、環境保護に努めることを追求します。

  1. 当工場の事業活動における環境への影響を把握し、技術的かつ経済的に可能な範囲で環境マネジメントシステムを構築し、環境パフォーマンスを向上させるための継続的な改善に努める。
  2. 環境関連法規制・条例ならびにその他の要請事項を順守する。また、当工場が独自に定めたルールを順守し、忠実に実行する。
  3. 環境汚染の予防に努め,省資源・省エネルギーを実施し、リユース・リサイクルを推進し、廃棄処分を確実に実施できるような運営を行う。
  4. 全従業員に当工場の環境方針を周知し、法令や関連規定の順守と理解を深め、環境保護活動への意識の向上を図る。
  5. 環境方針を当工場ホームページに掲載し社会へ向けて広く公開する。
  6. 環境マネジメントシステムの順守状況について内部監査を実施し、環境問題への対処の進捗を測定し、定期的に経営陣(層)に報告する。