医療分野では医師や患者に対しての負担を軽減させるため、CFRPの持つ軽量、高剛性、X線透過性が良い特性を活かした機器や部品に多く採用されています。
一部ではありますが、当社で製作した実績を含めご紹介します。

X線用天板(CT、カセッテ)

【特徴】

  • X線透過性が良いのでX線照射量が抑えられ、人体への被ばく量も軽減した上で、鮮明な画像を得ることが出来ます。
  • カセッテなどの持ち運びが可能なものは軽量化のメリットがあります。
  • フォーム材と組み合わせることにより、X線の透過特性を維持したまま剛性を上げることも出来ます。
  • 高剛性の特性を活かし、荷重たわみを抑えることで正確な診断が可能になります。



歯科用ヘッドレスト

【特徴】

  • X線透過性が良いのでX線照射量が抑えられ、人体への被ばく量も軽減した上で、鮮明な画像を得ることが出来ます。
  • フォーム材と組み合わせることにより、X線の透過特性を維持したまま剛性を上げることも出来ます。



手術用器具

【特徴】

  • X線透過性が良いので、器具がX線を遮ることなく手術を行うことが出来ます。
  • 機械的強度を維持・向上しながら軽量化することにより、手術中の医師に対しての体への負担を軽減させることが出来ます。



義肢

【特徴】

  • 必要な剛性を維持しながら軽量化することにより、使用者が扱いやすく、体への負担も軽減させることが出来ます。
  • 設計の自由度があるため、個人の体形に適合させることが出来ます。



車椅子

【特徴】

  • フレームや駆動輪の必要な剛性を維持しながら軽量化することにより、車椅子利用者本人や介助者が扱いやすく、体への負担を軽減させることが出来ます。
  • スポーツ用途では高剛性を生かして、スピード要求に応えることが出来、また操作性の向上を目指すことが出来ます。



スロープ

【特徴】

  • 必要な剛性を維持しながら軽量にすることが出来るため、金属と比べると持ち運びやすく、高齢者でも容易に取り扱うことが出来ます。
お問合せはこちら
電話でのお問合せ
摂津工場
TEL: 072-650-2515/FAX: 072-650-2516
email : info@tip-composite.com